水漏れ修理業者が来るまでの応急処置法を学んでおこう

突然の排水管からの水漏れを防ぐ~業者が来るまで乗り切る~

キッチン

キッチンの排水管から水漏れしていることに気づき、水漏れ修理業者を呼んでも到着するまでに被害が広がってしまうことがあります。被害を拡大させないためにも、自分でできる応急処置の仕方を知っておくといいでしょう。

自分でできる対処

テープを使った方法
水漏れを防ぐ最も簡単な応急処置の仕方は、テープを巻くことです。水漏れしている箇所に防水性の高い自己融着テープを巻いておくと、ある程度の水漏れを防ぐことができます。テープを巻くときのコツとしては、隙間を作らないことです。また、パイプの場合は継手との繋ぎ目を分解してテープを巻くといいでしょう。状況によっては金属用の接着剤を使って、ヒビ割れた部分を塞ぐことも可能です。
コーキング剤を使う
排水口とパイプの根元部分から水漏れしている場合は、コーキング剤を使って隙間を埋めると水漏れを防ぐことができます。しかし、この場合コーキング剤がしっかり固まるまで時間がかかってしまうので、被害の範囲が広いと他の箇所にコーキング剤が付いてしまうケースがあります。そのため、コーキング剤を塗布するときは十分に気を付けることが大事です。

二次被害を防ぐ

キッチンの排水管から水漏れが発生したときに気を付けなければならないのが、二次被害による影響です。キッチンから水漏れが発生すると、床や収納棚などが水浸しになってしまいます。柱や床の木材が傷んで大がかりな工事が必要になる可能性もありますので、早めに対処することが肝心なのです。少しの水漏れでも長い間放置してしまうと、被害はどんどん大きくなっていきます。二次被害を防ぐためにも異変に気付いたら素早く処置を行ない、水漏れ修理をするようにしましょう。

TOPボタン